茨城県土浦市の鈑金塗装キズへこみ事故車の修理【実績3500台以上】坂入自動車鈑金工場


へこみ・キズの板金塗装事例(土浦市 スバル・レヴォーグ)


【修理の跡がわからない本格仕上げ!】

▼修理前

土浦市より、スバル・レヴォーグの修理のご依頼です。
狭い道路ですれ違いの際、左側にあった突起物にえぐるように擦ってしまわれたそうです。

ついでに以前に擦ったリアバンパーの修理も一緒にご依頼下さいました。
今回はお客様の自費修理となります。

<修理内容>
左リアドア・・・・板金塗装
リヤバンパー・・・板金塗装

修理を開始します。
損傷部分の塗膜をディスクサンダーで剥離します。

■左リアドア鈑金作業

へこみの部分を修正していきます。
電気のプラスとマイナスを利用して引っ張る機械で、凹み部分に溶着させて
一点一点丁寧に引っ張ります。

へこみ修正が終わったらダブルアクションサンダーという機械で周辺の
部分を慣らして脱脂し、エアーでホコリなどを飛ばします。

リヤバンパー部分の損傷部分の塗膜も削ります。

■パテ付け作業

パテ(ピンク色の粘土状のもの)を塗り、赤外線で強制乾燥させます。

■パテ研磨作業

パテが常温まで冷めると、サンドペーパーで研いでいきます。
80番で荒研ぎをしたあと、120番→240番→320番→400番の順にペーパー目を
細かくしながらボディ面を整えます。

■プラサフ塗布作業

パテ研磨が終わったら、脱脂して、プラサフ(グレー色でパテ研磨部分を保護し、
上塗りを助ける塗料)を塗布します。
自然乾燥させた後、アルミスポットパテ(赤色で細かいプツプツやペーパー目を埋める
粘土のようなもの)を薄くヘラ付けしました。
その後再び赤外線で強制乾燥させます。

■プラサフ研磨作業

プラサフの温度が冷めたら、パテと同じようにペーパーで研磨します。
最終的には1200番のペーパーを塗装面全体にかけてならしていきます。
塗装面の汚れを落とし、不純物を専用の洗浄剤で洗い流します。

■調色、塗装作業

ボディ全体を清掃し、塗装ルームにお車を移します。
マスキングをし、車の色を作ります。
自然光と人工太陽光どちらでも確認をします。
ホワイトパールは通常の2層構造より多い3層構造ですので、
調色も吹き付け作業も難しいです(‘ω’)

色合わせが終わったらいよいよ塗装です。
インターバルを置きながら数回に分けて塗布します。

塗装後、インターバルを置いた後、塗装ルーム全体を60度の温風にて
乾燥させていきます。

■仕上げ

完成写真を撮り忘れてしまいましたが、
塗装乾燥後は、塗装面や全体隣接面に磨きをかけて完成です!
洗車と車内清掃をして、お引渡しとなりました。

お客様はボディ色のホワイトパールは塗装が難しいのはご存知だったようで、
その分仕上がりもよーーくチェックして頂き、納得され喜んで帰られたので
良かったです!(^^)!

本日はご来店誠にありがとうございました!
また何かありましたら、お気軽にご相談&ご来店ください。

  お客様の声は こちら!

 ※ 修理事例一覧は こちら!

 ※ 当店までのアクセス(地図)、メールの問い合わせは、こちら! 

***************

お見積もりは無料!無料代車あり!
お気軽に 029-862-3510 までご連絡ください。

坂入自動車鈑金工場
〒300-4114 
茨城県土浦市上坂田1444
TEL:029-862-3510
定休日:日曜日・祭日・年末年始・GW・お盆
営業時間:AM 9:00~PM 7:00


こちらも合わせてお読みください


ピックアップ

.

最近の投稿

カテゴリー

メタ情報

サイト内検索

.

.
坂入自動車鈑金工場
茨城県土浦市上坂田1444
029-862-3510
080-1078-7412
営業時間 AM9:00~PM7:00
定休日 日曜、祭日、GW、お盆休み、年末年始
※営業時間内でも外出して不在なときもあり、また多少営業時間後でも対応出来ますので、事前にお電話いただけると助かります。.
.


このページのTOPへ
TOPへ